トップ > 硫化鉱物 > 東日本 > C-487 辰砂(Cinnabar)

C-487 辰砂(Cinnabar)

紙製黒箱75弌60弌20
母岩約42弌26弌20弌.廛虍津修衂佞.
組成:Cinnabar 辰砂  HgS  三方晶系.自形は六角柱状ないし短柱状.
色:紅色・朱赤色・濃赤色金剛光沢.モース硬度:2〜2.5,比重:8.19,
劈開:{1010}に完全.条痕:鮮やかな赤色.
産地:埼玉県飯能市北川岩井沢 岩井沢鉱山
 水銀(Hg)の重要な鉱石鉱物となる硫化鉱物の一つです.古くから防腐剤や顔料などに広く利用されてきた鉱物の一つです.秩父帯の堆積岩中に胚胎する層状マンガン鉱床より産しました.茶褐色―赤褐色ガラス光沢を呈するカリオピライト,白色―淡紅色を呈する菱マンガン鉱からなる低品位鉱石を切る白色脈中に,深い朱赤色金剛光沢を呈する微細な粒状をなしています.少量の二酸化マンガンや微細な黄鉄鉱などを伴っています.顕微鏡下での拡大写真あり.
価格 : 3,300円(税込)
数量
 

埼玉県飯能市北川岩井沢 岩井沢鉱山

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ