トップ > 酸化鉱物 > T-181 轟石(Todorokite)

T-181 轟石(Todorokite)

紙製黒箱75弌滷僑悪弌滷横悪
母岩約81弌滷毅悪弌滷械悪
組成:Todorokite 轟石 (Na2+,Ca,K,□)(Mn4+,Mg)6O12・3〜4.5H2O 単斜晶系
色:帯青褐色・褐色・黒褐色・黒色・灰黒色.金属〜亜金属光沢.繊維状・羽毛状集合になる.
モース硬度:1.5, 比重:3.7,劈開:{100},{010}に完全.条痕:暗褐色・黒色.
産地:京都府南丹市園部町船岡大和谷 大和谷鉱山(船岡鉱山)
 数ある二酸化マンガン系の鉱物の一つです.丹波饗咾梁論儡簔罎昧胎する,黒鉱鉱床の酸化帯より産しました.標本は,褐色―黄褐色の褐鉄鉱の割れ目に,黒色―黒褐色亜金属光沢を呈する,羽毛状ないし繊維状をなしています.顕微鏡下での拡大写真あり.
価格 : 3,000円(税込)
数量
 

京都府南丹市園部町大和谷(船岡)鉱山

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ