トップ > 硫化鉱物 > 西日本 > 九州地方 > T-190 硫テルル蒼鉛鉱(Tetradymite)

T-190 硫テルル蒼鉛鉱(Tetradymite)

紙製黒箱60弌45弌20
母岩約65弌35弌26
組成:Tetradymite 硫テルル蒼鉛鉱 Bi2Te2S 三方晶系
色:鋼灰色―帯青鋼灰色金属光沢.モース硬度:1.5-2,比重:7.27
劈開:1方向に完全.条痕:黒色・灰黒色.
産地:福岡県田川郡香春町採銅所香春岳三の岳 横鶴間歩
 ビスマス(Bi)とテルル(Te)を主成分とする硫化鉱物の一つです.スカルン中の鉱脈鉱床より産しました.透輝石―方解石からなる母岩中に,帯青鋼灰色金属光沢を呈する微細な粒状をなしています.ほかに少量の赤銅色金属光沢を呈する自然蒼鉛などを伴っています.顕微鏡下での拡大写真あり.
価格 : 1,800円(税込)
数量
 

福岡県田川郡香春町三ノ岳横鶴坑

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ