トップ > 硫酸塩鉱物 > S-423 サーピエリ石(Serpierite)と石膏(Gypsum)

S-423 サーピエリ石(Serpierite)と石膏(Gypsum)

紙製黒箱75弌60弌20弌
母岩約80弌55弌32弌ァ
組成:Serpierite サーピエリ石 CaCu2+[(OH)3|SO4]2・3H2O 単斜晶系,
   Gypsum 石膏 Ca[SO4]・2H2O 単斜晶系 白色短柱状.
産地:兵庫県多可郡多可町加美区観音寺 樺阪鉱山.
 ともにカルシウムを主成分とする含水硫酸塩鉱物です.サーピエリ石はカルシウムのほかに銅(Cu)を含み,鮮やかな水色ないし緑青色を呈しています.生野層群の安山岩および安山岩質凝灰岩中の鉱脈鉱床の酸化帯より産しました.標本は変質して白っぽくなった,安山岩質凝灰岩の割れ目に生成したペーパーカルサイトに伴って,水色―緑青色ガラス光沢を呈する,板状ないし針状結晶が放射状集合をなしています.石膏はサーピエリ石の周囲ないし共存して,無色―白色ガラス光沢を呈する板状をなしています.ほかに,少量の二酸化マンガンによる黒色の染みなどを伴っています.顕微鏡下での拡大写真あり.
価格 : 2,600円(税込)
数量
 

兵庫県多可郡多可町加美区観音寺 樺阪鉱山

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ