トップ > 酸化鉱物 > A-439 アンソイン石(Anthoinite)とエムポロロ石(Mpororoite)

A-439 アンソイン石(Anthoinite)とエムポロロ石(Mpororoite)

紙製黒箱60弌45弌20弌40弌40弌17丱襦璽稿り.
組成:Anthoinite アンソイン石 Al3+2[(OH)2|WO3OH] 三斜晶系 
色:白色,淡黄白色絹糸光沢.モース硬度:1内外.比重:4.8.
劈開:一方向に完全.条痕:白色.
Mpororoite エムポロロ石 Al3+2[O|(WO4)2]・6H2O 三斜晶系.
色:緑黄色・白色・黄白色無光沢.
産地:京都府相楽郡和束町石寺 茶畑露頭.
 ともにアルミニウム(Al)を主成分とするタングステンの酸化鉱物です.堆積岩中の小規模な鉱脈鉱床の酸化帯より産しました.母岩は石英脈ですが,分析用に分離されたサンプルで,アンソイン石とエムポロロ石の混合物です.顕微鏡下での拡大写真あり.
価格 : 8,000円(税込)
数量
 

京都府相楽郡和束町石寺

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ