トップ > 硫化鉱物 > 東日本 > B-227 斑銅鉱(Bornite)

B-227 斑銅鉱(Bornite)

紙製黒箱50弌50弌25弌
母岩約53弌34弌12弌
組成:Bornite 斑銅鉱 Cu5FeS4 直方晶系.赤銅色金属光沢.
錆びると帯青紫色になる.モース硬度:3,比重:5.1.劈開:無し.条痕:黒色.
産地:栃木県足利市小俣町荒倉 小俣鉱山.
 銅(Cu)と鉄(Fe)を主成分とする銅の重要な鉱石鉱物となる硫化鉱物の一つです.足尾帯の堆積岩中に胚胎するマンガン鉱床より産し,付近は鉱床の東方に貫入する花崗岩類に近い所為か熱変成を受けています.紅色―帯褐赤色を呈するばら輝石ないし菱マンガン鉱中に,帯青紫色金属光沢を呈する粒状をなしています.ほかに少量の黄銅色金属光沢を呈する黄銅鉱などを伴っています.顕微鏡下での拡大写真あり.
価格 : 1,800円(税込)
数量
 

栃木県足利市小俣町荒倉 小俣鉱山

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ