トップ > 硫化鉱物 > 西日本 > 中国地方 > T-196 砒四面銅鉱(Tennantite-(Fe))

T-196 砒四面銅鉱(Tennantite-(Fe))

紙製黒箱50弌50弌20弌(豐簗52弌43弌21弌
組成:Tennantite-(Fe) 砒四面銅鉱
Cu10Fe2+2[S|(AsS3)4]  立方晶系.結晶は四面体.
色:灰黒色・黝い灰色金属光沢.モース硬度:3〜4,比重:4.6,劈開:無し.条
痕:黒色・赤褐色.
産地:岡山県美作市宮原鈩 金生鉱山.
 硫塩鉱物の一つです.凝灰岩中の鉱脈鉱床より産しました.変質して灰白色になった母岩の割れ目に,灰黒色金属光沢を呈する粒状をなしています.少量の斑銅鉱や黄銅鉱などを伴っています.矢印の先に微細な結晶がついています.結晶部の顕微鏡下での拡大写真あり.
価格 : 3,800円(税込)
数量
 

岡山県美作市宮原鈩 金生鉱山

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ