トップ > 硫化鉱物 > 西日本 > 近畿地方 > B-229 輝蒼鉛鉱(Bismuthinite)

B-229 輝蒼鉛鉱(Bismuthinite)

紙製黒箱50弌50弌25弌
母岩約52弌33弌22弌
組成:Bismuthinite 輝蒼鉛鉱 Bi2S3 直方晶系.色:帯青銀白色―銀白
色金属光沢.モース硬度:2,比重:6.81,劈開:1方向に完全.条痕:黒色.
産地:京都府福知山市宮垣富国山 富国鉱山. 
 ビスマス(蒼鉛 Bi)の重要な鉱石鉱物となる硫化鉱物の一つです.開発当初は銀鉛山でのちに銅山となりその後に蒼鉛山となった鉱山で,堆積岩中の鉱脈鉱床より産しました.褐色の水酸化鉄鉱物を伴うやや粗い石英脈中に銀白色―帯青銀白色金属光沢を呈する,短い柱状をなしています.少量の黄鉄鉱などを伴っています.
価格 : 2,000円(税込)
数量
 

京都府福知山市宮垣 富国鉱山

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ