トップ > 硫化鉱物 > 西日本 > 近畿地方 > C-549 辰砂(Cinnabar)

C-549 辰砂(Cinnabar)

紙製黒箱50弌50弌20弌
母岩約48弌38弌12弌
組成:Cinnabar 辰砂 HgS  三方晶系.結晶は六角柱状ないし短柱状.
色:紅色・朱赤色・濃赤色金剛光沢.モース硬度:2〜2.5,比重:
8.19,劈開:{1010}に完全.条痕:鮮やかな赤色.
産地:奈良県宇陀市菟田野区松井駒帰 神生水銀鉱山(小松鉱山).
 水銀(Hg)を主成分とする水銀の重要な鉱石鉱物となる硫化鉱物の一つです.古くから防腐剤や顔料などに利用されてきた鉱物です.花崗岩中の鉱脈鉱床ないし鉱染鉱床より産しました.熱水変質でなかば粘土鉱物化した母岩を鉱染する辰砂です.
価格 : 4,500円(税込)
数量
 

奈良県宇陀市菟田野区駒帰 神生水銀鉱山

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ