トップ > 硫化鉱物 > 東日本 > T-213 都茂鉱(Tsumoite)

T-213 都茂鉱(Tsumoite)

紙製黒箱164弌107弌51.母岩約152弌100弌91.
母岩全体の重量約1.4.
組成:Tsumoite 都茂鉱 BiTe 三方晶系.形態は粒状および鱗片
状.色:銀白色・鋼灰色など.光沢:金属光沢.モース硬度:2.5〜
3.比重:8.23.劈開:{0001}に完全.条痕:銀白色・鋼灰色など.
産地:長野県茅野市金沢 向谷鉱山.
ビスマス(Bi)とテルル(Te)の鉱物です.変成岩中の鉱脈鉱床より産しました.当地で都茂鉱が確認されたころの大型標本です.灰白色―帯緑白色の白雲母を多量に伴う,石英脈中に銀白色ないし鋼灰色金属光沢を呈する粒状ないし鱗片状をなし,円状集合をなしています.表面の円状集合のほかに裏面や側面にも都茂鉱がついています.ほかに,少量の肉眼で,銀白色を呈し判別しづらいピルゼン鉱(Pirzenite)や,ビスマスの分解物と思われる,黄色い染みなどを伴っています.
価格 : 28,000円(税込)
数量
 

長野県茅野市金沢 向谷鉱山

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ