トップ > ハロゲン化鉱物 > C-632 コンネル石(Connellite)とアタカマ石(Atacamite)

C-632 コンネル石(Connellite)とアタカマ石(Atacamite)

91弌76弌46丱ラス蓋付角箱入り.母岩約57弌51弌22.
母岩全体の重量約70.2g.
組成:Connellite コンネル石 Cu2+19[(OH)32|SO4|Cl4]・3H2O 六方晶系.
粒状.多く皮膜状.色:淡青色・青色・灰青色・青緑色など.光沢:ガラス光沢.
モース硬度:3.比重:3.36,条痕:淡青色.
Atacamite アタカマ石  Cu2+2(OH)3Cl  直方晶系.多く皮膜状.結晶もする
が本邦では稀.色:緑色・灰緑色・濃緑色など.光沢:ガラス光沢.モース硬度
:3〜3.5.比重:3.76.劈開:1方向に完全.条痕:緑色.
産地:鹿児島県薩摩川内市里町里 双子島鉱床.
ともに銅(Cu)を主成分とするハロゲン化鉱物で,海水に近いところに生成する二次鉱物です.甑島列島の北東端に位置する,小さな無人島にある銅鉱床の二次帯より産しました.細かい立方体の黄鉄鉱を含む緑色岩化した母岩の表面を覆う産状で,コンネル石は水色〜青色で見た目皮膜状をなし,微細な粒状をなしています.アタカマ石はコンネル石の周囲に,広く淡緑色〜青緑色を呈する皮膜状をなしています.ほかに少量の白色亜ガラス光沢を呈する牡蠣殻状の方解石などを伴っています.拡大写真および顕微鏡下でのコンネル石の拡大写真あり.離島標本.
価格 : 9,600円(税込)
数量
 

鹿児島県薩摩川内市里町里 双子島

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ