トップ > 硫化鉱物 > 西日本 > 九州地方 > K-131 紅安鉱(Kermesite)

K-131 紅安鉱(Kermesite)

紙製黒箱50弌50弌26.41弌35弌32
プラ製角箱入り.組成:Kermesite  紅安鉱  Sb3+2S2O 三斜晶系.
紅色―濃紅色亜金属光沢.針状・繊維状部.
産地:鹿児島県日置市吹上町平鹿倉 日の本鉱山(平鹿倉鉱山).
   アンチモン(Sb)の二次鉱物の一つで,硫化鉱物と酸化鉱物との中間のような組成の鉱物です.アンチモンを主とする熱水鉱床より産しました.黄褐色でやや緻密な石英中に,鋼灰色金属光沢の輝安鉱を伴う,紅色ないし濃紅色亜金属光沢を呈する,針状ないしそれの繊維状・箒状集合をなしています.顕微鏡下での拡大写真あり.
価格 : 2,500円(税込)
数量
 

鹿児島県日置市平鹿倉 日の本鉱山

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ