トップ > 硫化鉱物 > 東日本 > C-659 黄銅鉱(Chalcopyrite)

C-659 黄銅鉱(Chalcopyrite)

紙製黒箱136弌86弌30
母岩の大きさ約141弌75弌75.
母岩全体の重量約900g.
Chalcopyrite 黄銅鉱 CuFeS2 正方晶系.自形結晶は正四面体に近
い立体.またはそれを基調として立体.双晶は接触双晶や耳付双晶
などが知られている.色:黄銅色.錆びると青色味や虹色を帯びて,
最終的には黒くなる.酸で著しく錆びるものと,錆びないものがあ
る.光沢:金属光沢.モース硬度:3.5〜4.比重:4.28.劈開:なし.条痕
:緑黒色・鋼灰色など.硝酸で分解.主な産状は熱水鉱床・正マグマ
性鉱床・接触交代鉱床・層状含銅硫化鉄鉱床・変成マンガン鉱床
など.
産地:青森県中津軽郡西目屋村砂子瀬 尾太鉱山(尾富鉱山・大太鉱山).銅(Cu)の重要な鉱石鉱物となる硫化鉱物の一つです.熱水鉱床より産しました.標本は,細かい水晶の晶洞中に自形結晶をなす黄銅鉱です.ほかに少量の自形の黄鉄鉱などを伴っています.(北川標本).別アングル写真あり.
価格 : 35,000円(税込)
数量
 

青森県中津軽郡西目屋村砂子瀬 尾太鉱山

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ